スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

乾の移籍先「ベティス」とは?

先ほどスペイン1部リーグのエイバルに所属する乾貴士選手のベティスへの移籍が発表されました。

今回は移籍先のベティスがどのようなチームなのか紹介します。

 

そもそもベティスってどこ?

多くの人が感じていると思うこの疑問。日本でもあまり有名ではないチームでテレビで取り上げられることも少ないです。

まずはチーム紹介をしたいと思います。

クラブカラー 緑と白
創設年 1907年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
ホームタウン セビージャ
ホームスタジアム ベニート・ビジャマリン
収容人数 52,132
監督 キケ・セティエン

レアル・ベティス は、スペインのアンダルシア州セビリアに本拠地を置くサッカークラブで2016-17シーズンからリーガ・エスパニョーラの1部に所属しています。

 

チームスタイル

ベティスはボールを保持するサッカーを好んでいます。その証拠にポゼッション・パス成功率はともにリーグ3位です。

それについてはこちらをどうぞ

www.footballista.jp

また若手の起用にも積極的な監督です。

今シーズンは第21節までは13位と低迷するもののその後は怒涛の巻き返しで順位を大きく上げて6位でシーズンを終えました。

この追い上げの理由がシステム変更です。

 

システム変更と乾のポジション

第21節までは4-3-3で戦っていたベティスはその後システムを3-5-2に変更します。

f:id:nogia0810:20180601200617j:plain

するとそれまでは得点も失点も多かった大味なチームがチームは6試合連続無失点を記録するなど堅守のチームへと変貌します。

では一体乾はどこで使われるのでしょうか?

おそらく乾は現在ホアキン・ファビアンがいるポジションで使われることが考えられます。ホアキンは年齢的にフル出場は厳しく、ファビアンも若手で調子に波が生まれるため層を厚くするのが狙いでしょう。

乾としてはエイバルの時よりも中央でプレーすることになるためスペースがより小さくなり、また組み立てとゴールに直結する動きの両方が求められます。

 

乾は成功するのか

おそらくこの答えはYESです。

ただ難解な戦術である上に慣れないポジションでのプレーとなるので適応に少し時間がかかると思います。

 

シーズン序盤は苦労することや出場機会に恵まれないこともあるとは思いますがエイバルの時のように自らの実力で新たな道を切り開いていってほしいです。