スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

vsサガン鳥栖&ベガルタ仙台戦(4/29・5/2)

ホームで2連勝したガンバ大阪

鳥栖戦の試合内容は今シーズン最高のパフォーマンスと言えるものだったと思います。

なぜこれほど良くなったのか考察したいと思います。

 

遠藤のセントラル起用

今シーズンはトップ下でのプレーも多かった遠藤。セレッソ戦ではセントラルに高江を使い遠藤をトップ下に起用して見事勝利しましたが、次の湘南戦では全く起用しませんでした。

なぜこのようなことが起こったのか。

セレッソ戦では相手にある程度ボールを預けることを前提としていた一方で湘南戦では自分たちがボールを持つ時間が長かったことが原因です。

高江はポジショニングや読みといった守備面では優れていますが攻撃の組み立てを任せられるほどの展開力はありません。そのためハイプレスを軸にする湘南にビルドアップを狙われて何度もピンチを作られました。

今回のホーム2連戦では遠藤をセントラルで起用。このことによって後方でのビルドアップが安定しました。

その代わりに遠藤をトップ下で使えなくなってしまいましたが代わりとなる選手が出てきてくれました。藤本です。

 

藤本と米倉の起用

遠藤が務めていたトップ下には左サイドに入っていた藤本が入りました。

これが見事に的中します。

ビルドアップ時は組み立てに加わりリズムを作り、攻撃時には的確に両サイドにパスを散らすとともに守備でも積極的にプレスをかけていきます。

ちなみに倉田がトップ下で機能しなかったのは倉田は自分でボールを持ちたがるからだと思います。パスも両サイドへのパスより後ろ向きへのパスが多い。またスペースが狭く持ち味のダイナミズムを生かせないため本人も苦労していたと思います。

そして藤本のいた右サイドに米倉を使います。

左の倉田はゲームを作るとともに藤春とのコンビネーションで崩していく一方で米倉はスピードを生かした突破からのクロスが持ち味です。倉田よりも純粋なサイドMF。藤本をサイドに使っていた時は全員が中央に偏っていましたが米倉を使うことによってピッチの幅も確保しています。

 

これからの期待と不安

前節では今野が復帰して長沢もベンチ入り。

この2人をどのように活用していくかはこれからを左右します。

個人的にはセレッソ戦の展開が予想される試合では今野の起用もありですがすぐにスタメンで使う必要はないと思います。怪我の痛みもまだあるようですし戦術も機能し始めたからです。

もう一人の長沢はベンチスタートでいいのではないかと思います。1トップとしてファンウィジョが機能しているうえタイプの違う長沢を切り札として置いておきたいからです。無理にすぐに共存させようとする必要はありません。

 

やっと軌道に乗り始めたガンバ。

次のアウェーでの札幌戦は真価を問われる試合になると思います。