スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

ヴェンゲルが日本代表の監督に!?

 

headlines.yahoo.co.jp

フランスメディアが報じたニュースによるとヴェンゲルの新天地の候補が中国、BVB、PSG、日本代表の4つであるそう。

にわかには信じられないニュースですが多くの人が日本代表監督になってほしいと思っているはずです。

 

ただヴェンゲルが代表監督に向いているとは思いません

その理由の一つは戦術が臨機応変ではないからです。アーセナル時代ずっとパス&ムーブだったヴェンゲル。代表監督はよほどのチームでない限り選出面での引き出しは必須です。そしてそれが唯一ヴェンゲルに欠けているもの。ヴェンゲルを日本代表監督にと言っている人たちはまた「自分たちのサッカー」という幻想を追いかけたいのでしょうか?

2つ目の理由は若手の発掘ができない点です。代表は補強ができるわけではありません。そのため強くなっていくのに重要であるのは協会が育成システムを構築し、若手を育てていくことですが代表監督についてしまうとなかなかそこまで目が届かなくなると思います。

 

よって管理人はヴェンゲルの日本代表の監督には反対です。

ただ技術委員長になるのは賛成です。技術委員長なら戦術にも育成にも口を出せる。ですよね、西野さん。

 

 

もちろん実際に就任する確率はかなり低いとは思いますが、今の日本サッカー界を変えるにはこれぐらいのことがないとダメな気もします。

日本はヴェンゲルを待ってます!