スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

ガンバ大阪の次なる補強は「ピカチュウ」?

リーグ戦不振に苦しむガンバ

そんな中ブラジルメディア「odiariocarioca」がこんなニュースを報じました。

 

ガンバ大阪ピカチュウにオファー

 

もちろんピカチュウといってもあのポケモンピカチュウではありません。

バスコ・ダ・ガマ所属のMFヤーゴ・ピカチュウ選手のことです。

かなり衝撃的な名前ですが名前の由来は何なのか、そしてプレースタイルはどんなものなのか気になるので調査してみました。

 

プロフィールと名前の由来

本名 グライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボ
国籍 ブラジル
生年月日 1992年6月5日(25歳)
身長 167cm
体重 63㎏
在籍チーム CRヴァスコ・ダ・ガマ
ポジション DF (RSB) / MF (RSH)
利き足 右足

ピカチュウ」と呼ばれるようになったのは、幼少期のころコーチからピカチュウと同様に身体が小さくてすばしっこい動きをしていたため呼ばれ始めたそうです。

本人は「はじめは好きではなかったし、怒りもした」と語っています。まぁ完全にいじられてますからね(笑)ただ現在は受け入れているようです。

 

プレースタイル

www.youtube.com

気になるプレースタイルですが主なポジションは右SB。ただ2012年から通算4シーズンで62得点40アシストを記録。前への推進力と正確なキックが武器で、得意の直接FKでゴールを積み重ねました。

2016年に名門ヴァスコに移籍。主に2列目の右サイドを務め、加入初年度からレギュラーを獲得しました。

動画を見てみると上背ないですが、。右だけでなく左もでき、スピードとテクニックが持ち味で得点力もかなりあるように見えます。ドリブルにも自信がありそう。SBとして使うのはもったいない気もします。

 

 

以上今話題のピカチュウ選手についての記事でした。

吹田スタジアムピカチュウが出現するか分かりませんが、ポケモン発祥の地で躍動する姿を見てみたいですね!

 

追記)どうやらガセだったようですね(笑)