スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

vsV・ファーレン長崎戦(4/14)

ここ2試合試合内容が向上してきたガンバ大阪

前節でリーグ戦初勝利をあげました。

このまま勢いに乗るためには大事な試合ですが、結論だけ先に述べると

あまりにもひどすぎる内容で、このままならJ2に降格したほうがいいんじゃないかと思う試合でした

あまりにもひどかったので管理人は前半しか見てません。

なので前半しか振り返りません(書くほどのこともないですが)

そこはご了承ください。

 

いつもと違う攻め方をしようとするガンバの問題点

長沢の負傷によって、1トップの位置には現在リーグ戦得点王のファンウィジョが入ります。そして中盤の右には今季初先発の藤本、左は食野が3試合連続の先発出場です。

普段のガンバならば左でゲームを組み立ててクロスを供給。それに対して長沢と逆サイドのファンウィジョがゴール前に詰めます。

ただ今日は右に入った藤本を起点にゲームを組み立てようとします。またファンウィジョは長沢よりも裏に抜けようとする意識が強いので、DFラインからのロングボールも普段より増えます。

 

しかしここで問題が。

それは右サイドも組み立てに加わったために中盤とトップに距離が生まれ、それによってファンウィジョへのボールのセカンドボールを全く拾えなくなったことです。

 

これはガンバが今シーズン抱える問題でもあります。長身選手がいる割に前線で収まらない。今までならファンウィジョがFWのように振舞うのでこの問題が覆い隠されていましたが、今節はファンウィジョがトップに入り、代わりに右に入った藤本は組み立て、倉田と食野は空気の状態なのでこの問題が顕在化しました。

全く機能しない攻撃。

 

話にならない守備

上記の問題は怪我人や調子の問題もあると思うのでいずれ解決するとは思いますが、守備の問題はもっと深刻です。

とにかく切り替えが遅い・リスクを取り過ぎる・ポジショニングが悪い

そして1番はミスが多すぎる。

長崎のハイラインプレスが機能していたのはもちろんのことですが、不用意なバックパス、横パスが多すぎます。

前節も守備に問題はありましたが、最後のところで踏ん張ろうとしていた。1勝して気が緩んだと取られても仕方ない内容です。

話になりません。

 

長崎が1点リードでハーフタイムを迎えます。

 

以上今節の振り返り(前半のみ)です。後半見ていないですが、2失点してるところを見るとハーフタイムでも改善できなかったようですね。

今日のような試合は2度と繰り返さないでほしいと思います。

じゃないとホントに降格するよ