スポーツのち晴れ

スポーツを軸にあれこれ書くブログです。

vsヴィッセル神戸戦(4/8)

いまだリーグ戦勝ち星のないガンバ大阪

今日はダービーなので勝って勢いに乗ってほしいです。

ヴィッセルは正直ほとんどの選手を知らないので、この試合での印象になってしまいます。予めご了承ください。

 

 

いつもと違うガンバ

最近は試合に緩い雰囲気で入ってしまい序盤に失点し、その後取り返そうとするも追いつけず敗戦という試合が続いているガンバ。今日の立ち上がりに注目していたのですがダービーということもあってなのかいつもの雰囲気はありません(これが当たり前ですが)。開始早々に遠藤がシュートを放ち、その後も集中してゲームに入ることができていました。特に守備面は今までの試合とはまるで違い、きっちりと統率の取れたブロックを敷くことができていました。これは技術的なことよりも、「ダービーに絶対勝つ」というメンタル面が大きいような気がします。

ガンバの攻撃の軸は左サイド。左からのクロスを長身の長沢・ファンウィジョに合わせるというスタイルです。ガンバの左サイドは食野。初めて見るプレイヤーでしたが、ボールを持った後の積極的な仕掛けは好感の持てるものでした。また今日のゲームは遠藤がセントラルの位置に入っており、ビルドアップにも加わるためパス回しが安定しています。ただその代わり前線に顔を出す機会が減ったためか前線はアイデア不足になり、攻撃も左からのクロスしか選択肢がなくなってしまいます。倉田は完全に迷子です。何がしたいのか...。攻撃が個人技頼みになってしまい停滞してしまいます。

 

印象と違うポドルスキ

一方のヴィッセル。開幕節しか見てません。そのときはポドルスキのポジションが低く後方のビルドアップに参加させていたため、ポドルスキの良さである展開力と前線での怖さを全く発揮できていませんでした。ただ今日の試合ではその印象とは異なり、後方のビルドアップには加わらずに前線とのつなぎ役になっており、正確なロングパスによるサイドチェンジや前線で崩しに加わるなど持ち味を存分に発揮していました。そのおかげでヴィッセルはガンバとは異なり様々な攻撃パターンを見せてくれました。

 

お互い決定機に欠けた前半。ヴィッセルのほうがいいサッカーを見せました。

 

形ができ始めるガンバ

後半開始早々決定機を迎えたヴィッセルミドルシュートを郷家がすらしますが得点にはなりません。さらにいい位置からポドルスキがFKを蹴りますが、東口のファインセーブによって阻まれます。

するとその直後ガンバに決定機が訪れます。ファンウィジョのシュートがポストに当たりこぼれ球が食野の足元に。無人のゴールに蹴りこむだけでしたが、これを外してしまいます。これは決めないと!

後半12分にガンバは二枚替えを行い倉田がベンチに下がります。遅すぎるぐらいです。ほとんど何もしていなかった倉田に代わって入ったのは藤本。これに伴いシステムを2トップにします。これが功を制します。ファンウィジョがゴールにより近い位置でプレーできるようになり、またマテウスも前線にボールを持ち運ぶシーンが増え、シュートも積極的に放つようになります。形ができ始め試合は互角の展開になります。

 

ダービーらしい劇的な展開

両チームかなり走っており、終盤は徐々にスペースができ始めます。ただそんな中でも球際はかなり激しく、両チーム気持ちのこもったプレーを見せます。決定打に欠ける状況で迎えたロスタイムにヴィッセルが畳みかけます。完璧な形で三田がヘディンシュートを放ちますが、ファビオがライン上でブロックします。その後も攻勢を続けるヴィッセル。ロングスローからポドルスキのシュートはDFにあたり、直後の大槻にヘッドは東口に阻まれます。しかしそれでもあきらめないヴィッセルは右サイドからのグラウンダーのクロスに大槻が合わせて劇的ゴール。ガンバは反撃するも及ばず試合終了となりました。

 

前半はヴィッセルペースでしたが後半システムチェンジによって巻き返したガンバ。試合内容自体は互角でどちらが勝ってもおかしくない試合でした。決定機を逃した食野を責める声もありますが、残り時間が少なくなってきたときに今のガンバにはチームを鼓舞するような選手がいなかった一方、ヴィッセルは最後まで自分たちのスタイルを貫き通そうという強い思いが各選手たちに伺えました。この小さいようで大きい差が今日の結果を生んだような気がします。ガンバは勝てる試合を落としてしまい、メンタル的にもさらにきつい状況になってしまったかもしれませんが、試合内容自体は確実に良くなっておりあと1歩という所まで来ていると思います。次節こそリーグ戦初勝利を挙げてほしいです。